酵素とはどんな効果があり何に含まれているのでしょう

MENU

酵素の種類と働き

 

酵素は、

  • 消化酵素
  • 代謝酵素
  • 食物酵素

の3種類に分類され、

 

  • そのうちの体内に取り込まれた食物を分解、消化吸収させるための消化酵素
  • 栄養素から生まれたエネルギーを体内で活用させるための代謝酵素は、人間の体内にある酵素
  • 食物酵素は食物から摂取する酵素です。

 

 

消化酵素には、タンパク質を分解する酵素、炭水化物を分解する酵素、脂肪を分解する酵素があり、それぞれの酵素が、様々な栄養素を体内に消化吸収しやすいように分解する働きをしています

 

代謝酵素は、栄養素をエネルギーに変えることで、新陳代謝を促し、体内の老廃物を排出する、血液中の脂肪を分解し、血液をサラサラにする、体内の脂肪を燃焼させ、肥満を防ぐというような働きをするので、結果的には、人間の持つ自然治癒能力を高めることができます

 

いくら栄養を摂取しても、必要な栄養素が体内に吸収されず、無駄な老廃物が蓄積されてしまうと、肌荒れをおこしたり、肥満になったりしてしまいます。

 

健康な身体を保持するためには、体内での消化吸収、新陳代謝、血液の循環が順調に行われる必要があり、その為には酵素の働きが不可欠なのです。

 

とは言っても、体内に酵素が無限にあるわけではありません。

 

体内にある消化酵素と代謝酵素は2つを合わせての量が決まっているので、消化酵素が増えれば代謝酵素が減少し、代謝酵素が増えれば消化酵素が減少するという仕組みになっているので、常に理想的なバランスを保っているというわけではないのです。

 

そして、体内にある消化酵素と代謝酵素は、加齢や、体調の変化に伴い、減少してしまい、体調が悪くなったり、肌荒れをおこしたりしますので、日常的に食物酵素から酵素を摂取することが必要です。

 

日常的に食物酵素を摂取することで、代謝がよくなり、体質が改善されるからです。
この酵素の働きを利用して行うのが、酵素ダイエットです。

 

⇒酵素ダイエット方法はこちら

 

酵素の働きで、新陳代謝や脂肪の燃焼を促しながら、ダイエットをするので、徐々に体質を改善しながら体重を適正体重にしていくという健康的な方法でダイエットができます。