酵素ドリンクの主原料や成分をご紹介します

MENU

酵素ドリンクに含まれている成分

 

酵素ドリンクは、野草、野菜、果物などを主原料にして作られていますが、メーカーによって配合されている原料が異なり、甘味料や香料などの成分が含まれている製品もあります。

 

主原料100%で、添加物を含まないものが安全で理想的ですが、価格は比較的高額です。
添加物や、香料の含まれているものは、飲みやすく、価格もお手頃です。

 

酵素ドリンクは、半永久的に飲み続けるものですので、自分の予算と考え併せて、予算内で飲み続けられそうな範囲内にある酵素ドリンクの中から、添加物、保存料などの少ない製品を選ぶと良いでしょう。

 

 

酵素ドリンクに含まれている成分の具体的な例をあげます。

 

無添加の酵素ドリンク

 

 

酵素八十八選(株式会社スローヴィレッジ)

  • 着色料、保存料を使っていない酵素ドリンクで、酵素の効能を実感できます。
  • 原料:ヨモギ、ウコンなど60種類の野草、シイタケなど28種類のきのこ類、ニンジン、モロヘイヤなどの野菜、イチジク、ミカンなどの果実、コンブなどの海草

 

ベジーデル酵素液(株式会社ビューティプランニングSA)

  • 野菜中心の酵素ドリンクで、無添加の酵素ドリンクの中ではコストパフォーマンスの高い酵素ドリンクです。
  • 原料:黒糖、大根などの名産地から厳選して集めた106種類の植物発酵エキス、オリゴ糖などの糖類、ビタミン類

 

野草専科(株式会社沙美風)

  • 野草、野菜、果物、海藻を原料にした無添加の酵素ドリンクです。
  • 原料:ドクダミ、ハトムギなどの野草、キャベツ、ブロッコリーなどの野菜、パパイヤ、レモンなどの果物、昆布などの海藻、オリゴ糖、黒糖などの糖類

 

優光泉(エリカ健康道場)

  • 九州産の60種類の野菜を主原料にした完全無添加の酵素ドリンクで、野草、果物、海藻類、穀物はバランスよく配合されており、身体を冷やす心配がない酵素ドリンクです。
  • 原料:キャベツ、ニンジンなどの野菜、イチジク、キウイなどの果物、アロエ、ヨモギなどの野草

 

酵素ドリンクは野菜ジュースと何が異なるのか?